ダイエット・減量の問題は?

2019.10.03

減量する時に必ず話題とされるのが、

「ローカーボ」=低糖質か

「ローファット」=低脂質か

問題。

人によって

・やり易い!

・効果が出易い!

は違いがあるでしょうが、

実際のところ、どうなの?

みたいな研究がありまして、

ついに!

その問題に結果が出たかもしれません!

それを調べたレビューが、こちら

The Journal of the American Medical Association

から出てました。

世界のスタンフォード大学から!

以下、参照です!
ダイエットにおける

「ローファット(HLF) vs ローカーボ(HLC)」

Stanford UniversityのGardnerら(DIETFITS)によるもので、

18~50歳の非DM肥満者609名を対象とし、

チューターが食事指導した。

・609例の平均年齢は40歳

・女性は57%

・平均BMI値は33

・低脂肪遺伝子型は244例

・低炭水化物遺伝子型は180例

・INS-30平均値(糖負荷後30分の血中インスリン濃度:INS-30)は93μIU/mL

・試験完遂者は481例(79%)

無作為化試験ってことで根拠はかなり高め。

しかも、遺伝子型まで分けてるのは、

だいぶ細かく調査してます。

で、

12ヵ月間の栄養割合は、

炭水化物はHLF群48%、HLC群30%、

脂肪はそれぞれHLF29%:HLC45%、

タンパク質はHLF21%:HLC23%

タンパク質は若干低め。

でも、

栄養バランスは良さげですね。

で、結果は!こちら!

12ヵ月の体重減について、

ダイエットの種類と遺伝子型に相互関連はみられず(p=0.20)、

ダイエットの種類とインスリン分泌能(INS-30)にも相互関連は認められなかった(p=0.47)

12ヵ月時点の体重変化の平均値は、

・HLF群-5.3kg、HLC群-6.0kgだった!

・減量効果は両ダイエットにあり、有意差は認められなかった!

・遺伝子型やインスリン分泌と減量の間にも関連はなかった!

ちらも変わりなし!

しかも、遺伝子型まで関係ない!

と言われると、

結局誰がどちらをやっても変わらない結果。

ということでしょうね。。。。。

これで、

低脂肪が痩せる!

とか、

低糖質が痩せる!

には、

ある程度、

終止符が打たれた

のではないでしょうか?

評価も結果はヘルシーが一番!

という感じ。

糖質制限支持者も、

ここまでされると何とも

言えないのでは。。。

ご参考までに。

ダイエットはどうしたらいいの?と迷われているあなたは、血液検査がオススメです。自分の現状どうしたら良いか詳細がわかります。Workout Base WiTHでは栄養コンシェルジュ協会監修の血液検査キットも新導入しております。詳細はお問い合わせください!

Workout Base WiTHでは

無理な食事制限は致しません。

マニュアル一辺倒では各個人に合うかどうかはわかりません。

栄養バランスを考えながら、

お客様に見合った食事方法を提案していきます。

血液検査の詳細説明もしております。

正しいダイエット方法を知りたい方は以下からお申し込みください!


幼児、キッズの肥満でお悩みのご家族の方もご相談ください!

アスリートのトレーニング指導ももちろん!

また、パーソナルトレーニング体験お申し込みはこちらより!

↓↓↓↓↓↓

CONTACT